« ありがとう2017 sweets-deli研究会 クリスマスケーキで更けていきます。 | メイン | 2018クリスマス sweets-deli研究会 泣かせるシャトレーゼの冷凍ケーキ »

2018クリスマス sweets-deli研究会 テーマは「ミールキットと冷凍」その1

 平成最後のクリスマスは、ケーキ三昧の例年とは違い、「ミールキットと冷凍」をテーマに研究会を開催しました。クリスマスケーキもちょっとマンネリ気味でどうしようかとかんがえていたところ、フランス冷凍食品のピカールをのぞいてみると、おもしろいクリスマス商品がならんでおりましたので、気になるものをピックアップしてみました。

 イオングループで品質管理に関わる仕事をされる方が参加され、ピカールも担当しておられたと、いろいろお話を伺う機会もできて、楽しく盛り上がりました。

 スキンパック冷凍のオマール海老(3,900円)、ニュージーランドラム(国内包装 1,280円)など、この包装は、ミニストップの冷凍弁当にも導入されいてる包装技術ですが、弁当よりもこういう生鮮ものにはぴったりですね。欧米では、普通にスーパーの食品に導入されていますが、日本は本当に遅れている感があります。

<<オマール海老のフレッシュ冷凍。フランスでは生食する目的で販売しているらしいです。>>


<<冷蔵庫で20時間ほど解凍、ドリップ少なく肉もきれいです!>>

 Picard(ピカール)の冷凍食品は本当によく考えられていると感心します。もみの木のポテト、じゃがいものグラタン、クリスマス用のトリフ入りポテト、そして冷凍野菜。材料はシンプルで余計な味はつけていない。もみの木ポテトは、ミールキットとも位置付けられます。

<<子どもも楽しめる、積み木のようなポテト マッシュポテトとポテトが入ってあじもよいです。>>


<<クリーム生地がコーディングしてあり、好きな分量だけグラタンにできます。>>


<<国産伊達鶏、小さい方で1,980円。焼き加減ばっちりのところで真空包装>>

<<焼き加減バッチリでした>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sweets-deli.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/65

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年12月23日 13:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ありがとう2017 sweets-deli研究会 クリスマスケーキで更けていきます。」です。

次の投稿は「2018クリスマス sweets-deli研究会 泣かせるシャトレーゼの冷凍ケーキ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。